自然派 ハウスクリーニング ERDE 【フローリングの掃除】

 

こんにちは、ERDEの村木 志穂です。

 

今日は、フローリングの床のお掃除についてまとめてみました。

 

 

床掃除と言うと掃除機がけをしてつい満足しがちですが、掃除機で取れる汚れはごく一部!拭き掃除をしないと全ての汚れを取りきることはできません。

 

 

まず、床にたまる汚れにはこんなものがあります👿

足裏の皮脂(裸足で歩くことが多いお宅では特に皮脂汚れがつきやすくなります。)

キッチン周りの油汚れ

食べ物カス

髪の毛やペットの毛

ダニの死骸

 

 

この中で、皮脂汚れと油汚れに関しては掃除機だけでは取れない汚れになります。

これらは蓄積すると、フローリングが徐々に黒ずんで(T ^ T)きます。

 

 

それでは、ここからフローリングのお掃除方法です⭐︎

 

① まず掃除を始める前に、棚類の埃を落とします。

(埃は上から下に落ちていきます。床掃除の後に棚のお掃除をして埃が再び床に落ちないように、先に棚拭きをします。)

② 市販のドライシートで埃をキャッチ!

(始めに掃除機がけをしないのは、掃除機は埃を舞い上げらせてしまうから。一度舞い上がった埃は2時間ぐらいかけて下に落ちてきます。先に掃除機をかけてしまうと掃除が終わった頃に再び埃が床に落ちてきます。)

※ドライシート:市販でいうと、乾燥しているクイッ○ル○イパーなどがそれにあたります。

③ 取りきれない隙間の埃を掃除機で吸います。

④ 固く絞ったタオルで床を拭きます。

ポイント:床の木目に沿って拭くと、ゴミが木目に挟まるのを防ぐことができます。

⑤ 水拭き後、すぐに乾拭きをします。

ポイント:水拭き用のタオルと乾拭き用のタオルを両手で持ってやるのがコツ

⑥ 油汚れで黒く黒ずんだ汚れは、中性洗剤を使います。

中性洗剤を垂らしてタオルでこすってあげると汚れが取れやすくなります。

 

注意:油汚れだからと言って、アルカリ性の強い重曹やセスキを使わないこと。これらは床のワックスを痛めてしまう危険性があります。あとはメラミンスポンジもNGです!メラミンスポンジは万能なので、つい床にも使ってしまいがちですが、こちらもワックスを痛めてしまうので使わないでください。

 

以上です♪( ´▽`)

 

 

ここで、さらに開運アドバイス!床のお掃除ついでに・・・

 

モノの床への直置きは極力なくしましょう。床に置かれているもので、基本的に重要なものはありません!笑

大切なものをわざわざ床に置いたりはしませんよね?👀

 

窓から入ってきた良い気も、モノにぶつかると部屋中に行き渡らない。と風水ではよく言われます。

 

また、衛生面からしても床にモノがあると埃が発生しやすくなります。もし今床に直置きしているものがあったら、必要なものか不要なものかを判断し、要らないものは処分し残りは床から離して置いてみてください。

 

少しずつで良いのでそういう習慣をつけると、家中に爽やかな気が行き渡り、運気がUPしますよ(^∇^)💓

 

 

==☆✴︎。.==☆✴︎。.==☆✴︎。.==☆✴︎。.==☆✴︎。..

私たちERDEでは、基本的に2種類の自然由来の洗剤を使って作業をしています。

『業者に頼んでも清掃後の臭いがキツイ』

と感じる方がよくいらっしゃいますが、ERDEでは清掃後の臭いは

「ほぼ無臭」です。

なので、小さなお子様やペットがいるご家庭に特にオススメしたいです。

ERDEの活動範囲は、こちら

平塚市 茅ヶ崎市 藤沢市 鎌倉市 逗子市 葉山町 横須賀市

その他の地域はご相談ください。

基本的に男性スタッフ1名、女性スタッフ1名の2人でお伺いします。

スタッフ紹介ページはこちら

ご相談やお見積りなども承っているのでお気軽にご連絡ください😊

TEL 0120-966-362

(受付時間9:00〜19:00)

年中無休

FAX : 03-4330-1852

MAIL : erde.2018@gmail.com

HP 自然派 ハウスクリーニングERDEエルデ

==☆✴︎..==☆✴︎.==☆✴︎.==☆✴︎.==☆✴︎..

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 塩素系漂白剤と酸素系漂白剤の違い

  2. 自然派ハウスクリーニングERDE【浴室の赤カビを防止しよう】…

  3. 自然派 ハウスクリーニングERDE【年末の大掃除見逃しポイン…

  4. 自然派 ハウスクリーニングERDE【重曹で茶渋落とし】

  5. 自然派ハウスクリーニングERDE【洗面台のお掃除法】

  6. 自然派 ハウスクリーニング ERDE 【玄関掃除の基本】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

カテゴリー

ブログ一覧